鬼、金を食らいに旅に出る

金の為なら手段を選ばず、マイルの為なら手間を惜しまず、旅の為なら鬼と化す

スターウッドプリファードゲスト (SPG) 券面デザインは全部で3種類?

f:id:rarmu23:20170525201356j:plain

こんにちは。鬼です。

空き時間に何気なくスターウッドプリファードゲスト (以下SPG)の公式サイトを眺めていたところ日本以外で発行されているSPGのクレジットカードのサイトに飛んだため、ちょっと各国ごとのクレジットカードのデザインの違いを検証してみることにしました。

SPGのクレジットカードが発行されている国

公式サイトのトップページ上部に「SPGについて」というタブがあったため、クリックしてみると「SPGクレジットカード」という項目をみつけました。

その項目から移動したページは下のような画面ですが、いきなり完全に英語ページになってしまいました。

外資系のサイトにはよくあることですが、せめて題名だけでも日本語表記して欲しいと思いながらも、掲載されている5カ国(アメリカ合衆国、カナダ、イギリス、日本、アラブ首長国連邦)の国旗に目がいきました。

f:id:rarmu23:20170525201425j:plain

これはSPGのクレジットカードが発行されている国であろうということで、アメリカ合衆国の国旗から順番に見ていくことにしました。

アメリカ合衆国の場合

f:id:rarmu23:20170525201437j:plain

SPGの本部はアメリカのコネチカット州にありますので、これが本家本元のSPGアメックスカードですね。

拡大するとこんな感じです。

f:id:rarmu23:20170525201746p:plain

アメリカ版は日本版とは全く異なるデザインです。しかも、青紫色を基調にしているためSPGと記載がなければ同じSPGアメックスカードとは思えません。

アメリカンエキスプレスのロゴもどうやらホログラム加工されているようです。

SPGの公式サイトのイメージカラーと同一であるため、どちらかというと日本版の方が亜種なのでしょうね。

カナダの場合

f:id:rarmu23:20170525201441j:plain

拡大するとこんな感じです。

f:id:rarmu23:20170525204632j:plain

おおー、これは日本版と同一です。

アメリカ版と同じ券面デザインかと思いきや、日本版と同じとはちょっとビックリです。

イギリスの場合

f:id:rarmu23:20170525201446j:plain

拡大するとこんな感じです。

f:id:rarmu23:20170525204632j:plain

これまた、カナダ版に続き日本版と同一の券面デザインです。

ヨーロッパ仕様のデザインを期待していたので少しガッカリです。

日本の場合

f:id:rarmu23:20170525201450j:plain

拡大するとこんな感じです。

f:id:rarmu23:20170525204632j:plain

これはいつもお世話になっているデザインですね。というか実はカナダかイギリス版の画像を使いまわし説が有力ですね。

というのは、画像のクレジットカード番号が完全に一致しているからです。

ちょっと楽なやり方をしちゃってますね。悪いとは言いませんが。

また、実際に所有しているSPGアメックスカードの画像(番号は削除してます)と見比べるとWi-Fiのような電波マークもないので、かなり前から更新していないと思われます。

f:id:rarmu23:20170525212023j:plain

ちなみにこの電波マークは「ExpressPay」というアメックスさんが開発したNFCを用いた非接触決済技術のことですが、今のところ日本国内ではほとんど使えません。

どうやら日本で一般的に普及しているSuicaやWAONとは異なる規格を使用しているらしく、というか日本がガラパゴス化への道を突き進んでしまった結果、日本のお店に導入されている端末(カードをかざしてピッ!っとするあれ)では対応できないみたいです。

しかし、マクドナルドの店舗や、イオン系列の一部の自動販売機では対応化の目途があるようですので、近い将来日本国内でも、この電波マークの恩恵を受けられる日が来るかもです。

アラブ首長国連邦の場合

f:id:rarmu23:20170525201511j:plain

拡大するとこんな感じです。

f:id:rarmu23:20170525201705p:plain

これは、これまでの4カ国とは違う種類の券面デザインです。

そもそもカードブランドがアメックスではなくマスターカードですし、エミレーツNBD(中東ドバイの大手銀行)のロゴが入ってます。

更に、「ExpressPay」の電波マークも公式サイトで初めて券面デザイン画像に登場です。

そして、このカードはもちろん【SPGアメックスカード】ではありません。

‘Emirates NBD Starwood Preferred Guest® World MasterCard®’と呼ばれるカードなので直訳すると以下の通りです。

【エミレーツNBDスターウッドプリファードゲスト®ワールドマスターカード®】

略して【E-SPGマスターカード】か、単純に【SPGマスターカード】でしょうかね。

まあ、使う場面は絶対にないと思いますが。

まとめ

アメリカ合衆国、カナダ、イギリス、日本、アラブ首長国連邦でSPGのクレジットカードが発行されていることが分かりました。

そして、アメリカ版は青紫色を基調としたデザインのアメックスカード、カナダ、イギリス、日本はお馴染みの赤を基調としたアメックスカード、最後にアラブ首長国連邦だけはデザインこそアメリカ版に似ているものの、大手銀行のロゴマークありのマスターカードブランドでした。

個人的には、アメリカ版で使用されているホログラム加工されたアメックスのロゴと、日本版の券面デザインが合わさったデザインが最高にカッコいいかなと思いました。

f:id:rarmu23:20170525215329j:plain

ちょっと怒られるかもですが、加工してみるとこんな感じでしょうか。

 

今回はSPGアメックスカードの見た目に特化した記事になりましたが、このカードの利点をまとめていますので、旅行好きな人やホテル好きな人は覗いてみてください。

★追記
アメックスの公式サイトで衝撃の発表がありました。
「ご紹介プログラム」が 2017年6月30日(水)お申し込み分までの期間限定になってしまったのです。
予想を上回る数の入会申し込みがあったためと思われますが、現在お申し込みを考えている方はボーナスポイントが頂ける6月30日までに行動に移しましょう。
今後、更にお得なキャンペーンが実施される可能性もありますが、実際されないかもしれません。ただ、今のキャンペーンであれば、年会費と同等以上の見返りを受けられることは確実です。あとは本当に必要なのかをよく考えてみてください。31,000円は決して安い金額ではありませんので。

鬼でした。