鬼、金を食らいに旅に出る

金の為なら手段を選ばず、マイルの為なら手間を惜しまず、旅の為なら鬼と化す

【投資的節約】豆腐は節約とダイエットの救世主でした!

湯豆腐

 

こんにちは。鬼です。

 

今回は私が日常的に実践し、効果が認められたこととして豆腐の活用方法を記載したいと思います。

私個人の意見ですので、途中でこれは私には無理だな、こんな生活はありえないなとか思うこともあるかと思いますが、ご了承ください。

投資と節約

私はこの二つの単語が持つ意味がよく似ていると感じています。

ただ、「投資」は前向きな言葉で「節約」は後ろ向きな言葉ととらえている人が多いと思います。

Wikipediaでもそれぞれの説明は以下の通りです。

投資(とうし、英: investment)とは、主に経済において、将来的に資本(生産能力)を増加させるために、現在の資本を投じる活動を指す(現代において、生産能力の増加しない商業活動はこれに含まない)。広義では、自己研鑽や人間関係においても使われる。

つまり、投資とは未来の自分への期待の表れと考えます。

節約(せつやく)あるいは倹約(けんやく)とは、無駄遣いを極力なくするように努めること。

一方の節約は現在の自分への期待の表れと考えます。

 

従って、節約と投資とは現在と未来の自分への期待として繋がる行動ではないかと考えております。

現在、うまく節約を実践できていれば将来の投資にまわせる資本が増えてきます。

また、お金持ちのマインドである元本を確保する(使うお金は元本から発生する配当金や利子でまかなうことで種銭を目減りさせない)という考え方にも合致します。

 

何が言いたいかというと、節約にもなるし、結果的には投資にもなることを沢山実施すれば、おのずと資本(お金)は増える方向に向かうはずであるということです。

もちろん、うまく投資を実践できればという条件がつきますよ。ギャンブル的な投資もいいですが、それには自分の中ではギャンブルではなく投資だと言い切れなければいけません。逆に、他人からそれはギャンブルだと言われても確固たる自信がある場合、それは投資と言えるでしょう。

 

結局、正解のない世界で生き残るためには自分しか信じてはいけないのです。

 

ちょっと方向性が失われてしまいましたが、本題に戻すと今回は「豆腐」についてです。

豆腐という食材

投資だ節約だと述べてきましたが、所詮「豆腐」の話です。

初めに言った通り、ビックリするような情報はないかもしれませんが、一つの考え方として受け止めていただければ幸いです。

節約としての「豆腐」

ではまず、「豆腐」が節約とどう絡むかという点ですが、それはずばり安さです。

近場のドン・キホーテでは一丁で25円という値段です。正直にいうと本当に安心安全の豆腐なの?と疑いたくなる値段ですが、付加価値のあまりない普通の「豆腐」は、近場のスーパーでも50円前後で買えると思います。

一丁で足りなければ二丁、三丁と購入しても100円前後というコストパフォーマンスが高い食材です。

投資としての「豆腐」

次に、肝心の投資という観点から「豆腐」を見てみると、実に様々なことが見えてきます。

①栄養がある割にカロリーは控えめ

②適度な量であればダイエットにも最適

③二丁も食べればお腹いっぱいになる

④多種多様な食べ方があり飽きが来ない

⑤単純に安いためお金を投資にまわせる

⑥タンパク質が豊富でありプロテインの代わりに使える

⑦筋トレと併用することで筋肉が付く

⑧体が丈夫になれば医者にかかることが減る

⑨様々なダイエット法を試す時間を減らせる

⑩体が引き締まれば体系のコンプレックスに悩む時間を減らせる

⑪悩みが減れば現在ではなく、未来に目を向ける時間が増える

 

ちょっと飛躍した考えもありますが、すべてのお金儲けに必要なのは健康な体です。

これがない限り満足にお金儲けを実施できないでしょうし、お金があっても時間がないということになります。

実践結果

ここからは、私の体験談になりますが、約一年ほど「豆腐」をメインの夕食としてみました。私の場合は二丁です。

湯豆腐にしてみたり、冷奴にしてみたり味はかなりのバリエーションを試してみました。

もちろん、「豆腐」だけではなく肉や魚、野菜なども適度に取るようにしました。

そして、昼ごはんはというとあまり気にせず、ほか弁の親子丼などを食べています。

運動は結構好きな方で、適度にランニングなどを実施していましたが、入社当時は60キロ前半だった体重は、徐々に増えて70キロになろうとしている状態でした。

 

そこで、実践したことは2つです。

一つは今まで述べてきた「豆腐」を活用すること、もう一つはジムに通うことです。

なんだ、ジムに行ってるなら「豆腐」の効果ではないんじゃないの?と思われるかもしれませんが、おっしゃる通りです。

現在、65キロ前後に体重が落ち、逆に筋肉が目に見えてついた直接的な原因はきっとジムのおかげでしょう。

しかし、実際にこのコンボで体重が減ったのは事実です。

 

深夜の夜食でラーメンに走らなかったのも、きっと「豆腐」のボリュームに満足したからだと考えてます。結果につながる原因はきっと一つではないのでしょうが、私の場合はカロリーを控えて体を動かすという、まさに王道のダイエットが成功への近道でした。

体が引き締まると、何か見えないパワーが湧いてくると聞いたことがありますが、確かに根拠のない自信というか充実した感覚が強くなったのは確かです。

 

ただ、「豆腐」だけを食べていればいいとは全く思いませんが、投資的な節約を実施し、未来の自分に投資するうえで「豆腐」は使える食材だと思います。

健康な体で、思う存分にお金儲けに没頭しましょう!

 

鬼でした。